Top > 脂肪肝の予防に

脂肪肝の予防に

メタボ体質の人などに多く見られる脂肪肝は、中性脂肪が肝臓にたまりフォアグラのような状態になったものです。1日2~3杯のコーヒーを飲み続けることで、脂肪肝の発症が予防できるといわれています。

肥満、糖尿病、過剰飲酒などによって引き起こされる脂肪肝は、BMIが25以上の人の半数が発症します。自覚症状がほとんどなく自分では気が付かないうちに肝機能が低下し、肝細胞に障害が起こります。

ところが、三越総合検診センターの調査によれば、コーヒーをたくさん飲む人と飲まない人では、コーヒー多飲者の方が、肝機能が改善するという効果が出ているそうです。

1日2杯以上のコーヒーを飲むと肝硬変の危険度がぐんと下がるという研究報告や、毎日コーヒーを飲むことで肝がんのリスクが下がるデータもあるといいます。

コーヒーにむくまれるポリフェノールの一種のクロロゲン酸やカフェインがよい働きをしている可能性があるといわれています。

 

 産後ダイエット  低インシュリンダイエット  レンタルサーバー
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
コーヒーブレイクは1日2回はとりましょう(2009年10月25日)
脂肪肝の予防に(2009年10月25日)
ダイエット効果もあるコーヒー(2009年10月25日)
女性はコーヒーで大腸がん予防(2009年10月25日)