Top > 女性はコーヒーで大腸がん予防

女性はコーヒーで大腸がん予防

女性限定!大腸がん予防のコーヒー?
この研究は、厚生労働省の研究班が10年以上にわたって行った大規模調査で、40歳~69歳の男女約10万人を対象に、コーヒー摂取と大腸がんの関係を調べたものです。

結論から言うと、女性では、コーヒーを一日3杯以上飲む人は、コーヒーをほぼ飲まない人に比べて「進行した結腸がん」になるリスクが約半分に低下するとの調査結果になりました。

つまり、大腸がんのなかでも一部のがんの話ですが、「コーヒーにがん予防効果があるかも!」ということです。

ちなみに参考まですが、大腸は、大腸は肛門に近い部分=「直腸」とそれより上の部分=「結腸」に分けることができます。今回話題になっているのは結腸がんのほうです。また、さらに詳しい話になりますが、この調査は結腸がんの中でも「進行した結腸がん」に限っています。「進行した」というのは、がんが大腸の粘膜(表面)からどのくらい深くまで及んでいるかの程度の問題で、かなり深くまで及んでいたということを意味します。

コーヒーだけではなく、緑茶でも調べてみたところ、緑茶ではこういった結果はでなかったそうです。

 

 国民年金  3B体操  シロナガスクジラ
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
コーヒーブレイクは1日2回はとりましょう(2009年10月25日)
脂肪肝の予防に(2009年10月25日)
ダイエット効果もあるコーヒー(2009年10月25日)
女性はコーヒーで大腸がん予防(2009年10月25日)